「エイプリルフールde街おこし」 

東京都中野区野方の西武新宿線野方駅周辺に広がる商店街で、4月1日から5日までの期間にジョークの貼り紙を掲出する「エイプリルフールde街おこし」が開催されています。

 

同イベントは、「エイプリルフールにクスッと笑えるジョークの張り紙で、街を楽しく活性化する」をコンセプトとしてNPO法人ストリートデザイン研究機構が企画し、野方商店街振興組合が実施してくれました。主催は野方商店街振興組合と同NPO法人。(中野経済新聞リンク、http://nakano.keizai.biz/headline/668/)

 

3月17日には野方商店街振興組合に所属する商店の方々と、シャレの効いたジョーク貼り紙をつくるための勉強会を開催。このときに学んだことをもとに、45箇所の店舗等で共通の用紙を使ってジョーク貼り紙が掲出されているのです。

 

この様子は、東京新聞の夕刊をはじめ、多くの紙媒体、Web媒体に取り上げらえています。

 

このイベントには45の店舗等が参画しているので、商店街を歩いているとあちこちで貼り紙を見かけます。貼り紙を探しながら歩き回るのは楽しかったです。

個々のジョークに対する評価はここではしませんが、思わず膝を叩きたくなるジョーク、お店の定休日を上手く絡めたジョーク、そんなのあるわけないでしょ!? とツッコミを入れたくなるものから ??? まで、見ていて飽きません。

 

「クスッと笑っちゃうようなジョークを考えて」と言われるとかなり難しいのですが、本当に面白い貼り紙が多かったです。

 

この企画は、ほとんどお金がかかっていないところもポイントです。商店街の方々が参加しやすかったと思います。

 

期間は4月5日までですが、定期的に貼り紙を交換しながらテーマを変えて通年でやってもらうことなんて、できないでしょうか? そんな商店街があれば、自分ならファンになってしまいます。

 

 

エイプリルフールde街おこし

 

 

 野方のエイプリルフールイベント

 

 

 

ウエルカム0780アップ 

 

 

ジョークチラシ

 

 

 

ジョークの貼り紙

 

 

 

ほっぺがおちる

 

 

 

デスノートが売ってる文房具屋

 

 

 

 エイプリルフールにクスッとしちゃう

 

 

 

東京おでん0845アップ

 

興和サイン
ディレクター
青木利典

どんな看板があるんだろう?デザインも頼めるのかな?価格が知りたい!
看板に関するご質問・相談はお気軽に!
初回の相談は無料です!
お任せください!