撮影してもらうためのPOP、広告 

前々回のブログに引き続き、写真を撮ってもらうことを目的とした広告の事例紹介です。

 

 

DVDレンタル屋さんで見かけたPOPです。

 写真撮影用のPOP

 

 写真撮影したくなるPOP

 

 

最近はこの手の大のPOPを映画館でも見かけることが増えたように感じます。

 

 

そしてこちらは、前々回のブログ「写真撮影ポイントを提供する交通広告」で紹介した「進撃の巨人」の翌週に同じ場所で展開された、「ディズニーヴィランズ」という広告です。

 写真を撮りたくなるデジタルサイネージ

鏡を模した液晶画面が設置されており、この前に立った人をカメラでとらえて鏡に映し出し、そこにディズニー映画・アニメに登場する悪役の姿を合成して表示するものです。

 

 

脇に置かれた説明書きのパネルには、スマホで写真を撮って♯ディズニーヴィランズをつけてSNSでシェアするように呼びかけています。

 

 

こういった手法が今やプロモーションの主流といえるでしょう。

これを飲食店や店舗の看板やPOPに、どう応用できるか!? 考えていきたいです。

 

興和サイン
ディレクター
青木利典

どんな看板があるんだろう?デザインも頼めるのかな?価格が知りたい!
看板に関するご質問・相談はお気軽に!
初回の相談は無料です!
お任せください!