サインの基本その2 ステンレスエッチングサイン 

社名サインなどでよくあるのが、ステンレス板にエッチング(腐食加工)で凹みをつけて塗装するエッチングサインです。

 

ステンレスエッチングサイン

 

素材は主にステンレスを使用します。真鍮や銅を用いることもできますが、これらの素材は経年変化による変色が起きやすいため、変色がほとんどないステンレス製が主流になっています。

 

イラストレーターで作成したパスデータがあれば、薬品によって文字やマークの部分を腐食させ、凹みをつけることで表現できます。凹み(深さは0.5ミリくらい)を付けた部分に塗装を施し、余白の部分は“ヘアライン加工”という、細かいラインを入れながら磨いた素材の質感を出す作り方が一般的です。

 

カラーについては日塗工(日本塗料工業会の塗料用標準色)かDICでご指定いただくことが可能です。

 

興和サイン

ディレクター

青木利典

 

どんな看板があるんだろう?デザインも頼めるのかな?価格が知りたい!
看板に関するご質問・相談はお気軽に!
初回の相談は無料です!
お任せください!