サインの基本その5 ステンレス切り文字 

ステンレス切り文字

 

写真は、厚さ3ミリのステンレス板をカットして作ったサインです。

 

ステンレスの板は、手作業かレーザーで、文字やロゴマークの輪郭を切ります。

 

板の裏側には雌ネジのネジ山を切り(タップを切る)、ここにスタッドボルトを立て、壁面にドリルで穴をあけてスタッドを挿しこみます。スタッドを挿しこむ際には、ボンドを使って壁面に固定します。

 

板の裏側にタップを切るには、板の厚みは最低3ミリ必要です。

 

ステンレス以外に、スチールや真鍮なども使えますが、経年変化の少ないステンレスを使うのが一般的です。

 

ステンレスの表面は、ヘアライン加工、鏡面加工、ブラスト加工、塗装などによって表情を加えることができます。

 

 

興和サイン

ディレクター

青木利典

どんな看板があるんだろう?デザインも頼めるのかな?価格が知りたい!
看板に関するご質問・相談はお気軽に!
初回の相談は無料です!
お任せください!