オブジェ・立体看板

オブジェ・立体看板

エンタメランドマークR

  • エンタメランドマーク
  • エンタメランドマーク
  • エンタメランドマーク
  • エンタメランドマーク
  • エンタメランドマーク
  • エンタメランドマーク
  • エンタメランドマーク
  • エンタメランドマーク
  • エンタメランドマーク
  • エンタメランドマーク
  • エンタメランドマーク
  • エンタメランドマーク
  • エンタメランドマーク
  • エンタメランドマーク
  • エンタメランドマーク
  • エンタメランドマーク
  • エンタメランドマーク
  • エンタメランドマーク
  • エンタメランドマーク
  • エンタメランドマーク
造形スタンド看板
造形スタンド看板
お客様の声
クリップアカデミー様(学習塾)

大家さんの反対、落書きの心配・・・。いろいろ懸念はありましたが、それでもエンタメ看板はやって正解でした。集客と求人の両方が改善できましたから

エパックラーニングセンター様

立体看板にしてから、タクシーの運転手さんに 『ゴルフボールのところまで』と言うと、『ああ、あそこね』 と言ってくれるようになりました

エンタメランドマーク

私(高橋)は「タンスにゴン」などの広告を手掛けた堀井博次さんにあこがれていて、たぶん、多少なりともその影響を受けていて、このような路線に走っているのだと思います。堀井さんには、会ったことないのですが。
このような立体的な看板をつくるにあたって、一見するとふざけているだけに思われるかもしれませんが、それなりにきちんとしたロジックのベースを持っているのです。詳しくは、サインデザインの大学との研究のところを読んでいただけると有難いのですが、そこで「屋外広告の第一印象が時間の経過とともに、どのように変化していくのか」ということをまとめて発表しています。

私たちの会社(興和サイン)でも日常的にインターネットを活用していますが、そのインターネットが発達したことにより、何か情報を探す時に、検索することが当たり前の世の中になってきました。

飲食店のお店探しでは、ぐるなびの台頭により、ネットでお店を調べて、クーポンを持って、地図をプリントして、お店に行く、というカタチが主流になりつつあります。これはこれで、便利で有難いことですが、一方で、まちを歩きながら、「あのお店に入ってみようかな」という“お店探しの楽しさ”は失われつつあるのではないか、ということに危機感を感じます。

エンタメランドマークR

そこで、私は上記の写真のような、「エンタメランドマーク®」というオブジェで、まちを彩り、ひとがまちを歩くのが楽しくなるストリートを演出し、“ひとに笑顔をまちに幸せを”届けていこうと思います。夢のある立体看板・オブジェの製作は、ぜひとも興和サインにお任せください!

どんな看板があるんだろう?デザインも頼めるのかな?価格が知りたい!
看板に関するご質問・相談はお気軽に!
初回の相談は無料です!
お任せください!