興和サインの代表的な仕事

アイラブ歌舞伎町。

東京屋外広告コンクールで東京屋外広告協会会長賞を受賞、DSA 日本空間デザイン賞2015に入賞しました。

「アイラブ歌舞伎町」のランドマークサインは、新宿の街の混沌とした世界観を表現!

日本を代表する繁華街で、世界的にも有名な新宿歌舞伎町。2015年4月24日に新宿東宝ビルが全面オープンし、街を訪れる人が増えている。現在の歌舞伎町は、行政や地元の商店街振興組合によって街の安心・安全対策が進められ、エンターテイメントシティに生まれ変わろうとしている。

歌舞伎町は、戦前・戦後の都市計画家で東京都建設局長だった石川栄耀(いしかわ ひであき 1893-1955)が、戦後に健全な盛り場の発展を目指し、景観の封閉を主眼とした設計を指導した。景観の封閉とはあえて見通しの良い交差点などを作らないことで、周囲のどこを見ても盛り場にいる感覚を作り出す手法。そのため歌舞伎町はT 字路の街路がベースとなっている。

アイラブ歌舞伎町」のサインは石川栄耀の思想をオマージュし、景観が街に閉じ込められた歌舞伎町において絶好のロケーションポイントといえるT字路突き当たりの壁面に設置。都市にノイズを注入するイメージをコンセプトに、歌舞伎町の猥雑でエネルギッシュなイメージを想起させる赤色の砲弾型LEDを用いて、点滅による演出も取り入れた。

また現代社会は、ソーシャルメディア全盛の時代である。「アイラブ歌舞伎町」は歌舞伎町の新たなランドマークとしてスマホで撮影されることを意識し、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアで日本中、世界中に拡散させることも念頭に企画・設計している。

そして今では、多くの来街者がこのサインを写真に収めている姿が見られ、ソーシャルメディアを通じて、歌舞伎町を象徴するサインとして世界中で認知を広めつつある。

このように「アイラブ歌舞伎町」のランドマークサインは歌舞伎町の混沌とした世界観を表現しながら、従来のサインの概念を超え、ソーシャルメディア時代における新たなサインのあり方を示した作品である。

施工前

アイラブ歌舞伎町アイラブ歌舞伎町アイラブ歌舞伎町

施工風景

アイラブ歌舞伎町アイラブ歌舞伎町アイラブ歌舞伎町

施工後

アイラブ歌舞伎町アイラブ歌舞伎町アイラブ歌舞伎町アイラブ歌舞伎町アイラブ歌舞伎町アイラブ歌舞伎町

アイラブ歌舞伎町の看板、公益社団法人東京屋外広告協会会長賞の受賞に続き、DSA 日本空間デザイン賞2015のD部門ショーウインドウ&ヴィジュアルデザイン空間の分野で、入賞・入選しました。
高橋芳文のお店を作る人が知っておきたい看板の話 商人の看板学」ブログ、「アイラブ歌舞伎町の看板、日本空間デザイン賞に入賞・入選」もご覧ください。

アイラブ歌舞伎町のトリセツ

#アイラブ歌舞伎町でTwitterに自撮り写真をUPしてください

どんな看板があるんだろう? デザインも頼めるのかな? 価格が知りたい!
看板に関するご質問・相談はお気軽に!
初回の相談は無料です!
お任せください!