際を見極める

こんにちは。看板キッドこと、高橋芳文です。

最近、際を見極めるということを意識しています。

際=境界線と言い換えてもいいのかも。

この三次元の世界には、絶対に正反対ものが一本の棒のように両極にあります。

人生をシンプルにすると、例えば呼吸を考えてみると、呼吸には、吸うと吐くの2つがあります。両方が必要です。だけど、吸うことも吐くこともできるけど、両方を同時にすることはできません。何故ならば相反することだからです。相容れないものが残ります。分離感覚がぶつかり合うのが矛盾。

しかし、丁寧に観察すると際は存在します。そこの間というか境界線に意識を向けていると今まで気付かなかったことに気付くようになれるのかもしれません。

人間の人生が面白いのはこの3次元の矛盾を体験できることにあるのかもしれない。また、世の中には概念として成立しても、実際にやってみようとするとそれは幻のようなものであることも少なくない。幻に溺れないようにしないとね。

仮想と現実の際=境界線が曖昧になる社会が訪れるから。

 

気に入ったらシェアをしてね


古代文字のスタンド看板デザイン

こんにちは。看板キッドこと、高橋芳文です。

古代文字を看板にする取組を進めています。

僕が書いた古代文字です。

この古代文字看板のカテゴリーは、開運看板。波動看板。言霊看板。言霊波動開運看板。いや、言霊波動開運神板かな。

気に入ったらシェアをしてね


日野晃先生のワークショップ

こんにちは。看板キッドこと、高橋芳文です。

日野晃先生のワークショップに1日ですが参加してきました。

身体がとてもスッキリ。

終了後は有り難い記念写真を撮っていただきました。

ご著書にサインもいただきました。
サインの言葉は「生きろ」

「もっと笑ってー」と、もう一枚!

ありがとうございました。

気に入ったらシェアをしてね


1 2 3 4 154