人工知能と仕事のこと

こんにちは。看板キッドこと、高橋芳文です。

最近、人口知能、ディープラーニング、シンギュラリティとか、そんなことに関心があります。

先日の小笠原泰先生を囲んでの勉強会でも、このテーマが上がりました。

小笠原泰先生は、僕が最も信頼している経営コンサルタントであり、経営学者です。

専攻分野は、社会組織文化論、社会システムデザイン論、知識経営論、知財文化論。

ハフィントンポスト 小笠原泰先生

※この勉強会は、ほぼ月に1回、一般告知、宣伝することもなく、4名の固定メンバーで手弁当、且つ、クローズドな環境で学ばせていただいております。

普通に、もし、先生にコンサルとか頼んだら、いくらするんだろうと思ったりしますが、この勉強会は、そういう趣旨ではないので、先生に感謝です。

レイ・カーツワイルの本を筆頭に、この分野の本をかなり読んできましたが、先日の勉強会で未来への対処の方法が少し見えてきました。

これからの時代、

人間のアイデンティティを再構築することが必要になる時代。

時代のキーワードは、意識。

科学の時代から宗教の時代へ。

人口知能が自我を主張するプログラムすら組める時代が来てしまうかもしれないけれど。

今、ちょうど読んでる本は、『人口知能と経済の未来』。

人間は、労働から解放される。

しかし、それは、労働者が所得を得ることができなくなるというと。

つまり、労働者は飢えて死んでしまう。

人間に残される仕事のスキルをしっかりと考えて、生き抜いて行かねばなりませんね。

労働からは、解放されるが、レジャーとしての仕事、楽しみとしての仕事は、残っていくらしいので。

僕もそう思います。私見ですが。

 

気に入ったらシェアをしてね


漫画看板作ります。漫画は日本が世界に誇る文化です。

こんにちは。看板キッドこと、高橋芳文です。

漫画看板作ります。

この漫画看板作ります、を宣伝するページができました。

我ながら、面白いと思うページに出来上がっているので、見てください!

見ないと損しますよ(笑)

漫画看板を作ります。漫画は日本が世界に誇る文化です。

今は、看板に写真を簡単に入れられる時代。

昔は、看板に写真を入れるのには、高額な費用がかかって大変だったんですよ。

昔の看板やポスターには、イラストが多様されていました。

そのイラストの復刻のような感じかなー。

漫画看板は。

写真も良いけど、漫画も良いですよ。

興和サインの漫画看板、お試しあれ!

絶対、街中で目立つと思うんだよなー

 

気に入ったらシェアをしてね


販促用ウッド商品

こんにちは。看板キッドこと、高橋芳文です。

今、いろいろと新商品開発を進めています。

郡上割り箸さんから届きました!

ウッド商品のサンプル。


握ったり触ったりすると気持ちいいウッド商品をリリースしたい。


人に喜ばれる販促グッズに昇華するためにこれから色々試行錯誤。


木の種類は、カエデ、ミズナラ、トチ、オニグルミ、クリ、サクラ、ホオ、ヒノキ、ケヤキ、ウワミズザクラ、キハダ、ブナ、ハリギリ。


それぞれ、触り心地も重さも違うのです。

積木にしても遊べるし。

子どもが口に入れて舐めても安心。

お風呂でも遊べる。

価格設定は、多分、一つ1500円くらいになりそう。

ほんとは、300円くらいで売れたらいいのだろうけど。

もっと安くしたいし。

試行錯誤はまだまだ続きます。

今日もよい1日を!

気に入ったらシェアをしてね


1 2 3 4 128