新宿・ビックロのメディアファサード 

「メディアファサード」といわれる概念があります。

ファサードにデジタル系表示器を設置し、ファサードのデザインの一部が情報発信のメディアを兼ねる、といった感じでしょうか。

 

ウシオ電機株式会社さんのホームページから一部を引用させていただくと、

メディアファサードとは、建築物や外部構造物の表面に複数の光源モジュールを取り付け、光の明るさや色合いに変化をつけたり、光そのものを動かしたりして、動的な画像や映像を表示する照明演出のこと。

ということです。

 

私がメディアファサードという言葉を初めて聞いたのは3~4年前だったと思います。

その後、盛んになる気配はありませんが、数少ない事例といえるのが新宿の「ビックロ」です。

 メディアファサード

ファサードの柱に10面のヒビノ製LEDディスプレイが取り付けられていて、商品やキャンペーンの情報を発信しています。

 

通勤途中に見かけるので、このブログで紹介してみました。

(興和サイン ディレクター 青木利典)

アイデアの企画、看板の提案力が興和サインの強みです。
看板製作のお電話はこちら。
お任せください!