立体看板について 

立体看板

 

写真は、興和サインの地元・中野のとある飲食店の店頭の立体看板です(当社の制作ではありません)。燃え尽きています。

 

小型の立体看板 

 

こちらの写真は、高田馬場の飲食店の入り口で見かけた“手”の立体造形です(こちらも当社の制作ではありません)。

 

 

上の“ジョー”はインパクト抜群です。

 

 

しかし、“手”のほうも、これだけでは何をアピールしているのか判らないにも関わらず、なかなかアイキャッチーです。コストパフォーマンスはかなり高いといえそうです。

 

 

立体看板というと、人やキャラクターの全身を造ることを真っ先に考えますが、パーツだけというのもアリかと思います(予算も抑えられます)。

 

 

話は変わりますが、興和サインでは現在、ある企業のキャラクターの立体造形を制作中です。上記の“手”のように奇をてらったものではなく、カワイらしいキャラクターです。

 

 

お客様の許可が取れれば、完成後に当HPでご紹介いたします。

 

興和サイン
ディレクター
青木利典

アイデアの企画、看板の提案力が興和サインの強みです。
看板製作のお電話はこちら。
お任せください!