写真撮影ポイントを提供する交通広告 

東京メトロの新宿駅構内で見かけた下の写真の交通交通広告は、「進撃の巨人」の脱出ゲームの告知広告です。

撮影スポット広告 

 

撮影スポットになる広告

 

 

イベント告知だけでなく写真を撮ってもらって、それがソーシャルメディア上で拡がっていくことを狙っています。

 

交通広告は場所の制約があるので、このような広告をどこでもできるものではありませんが、今後増えそうな手法です。

 

飲食店の看板やPOPでも、写真を撮ってもらえる看板を作って、ソーシャルメディアで拡がっていけば、大いに宣伝効果を発揮するはずです。

 

では、どういった看板を造ればいいのか?

答えは簡単には見つかりませんが、興和サインではそのようなことを日々考えています。

興和サイン
ディレクター
青木利典

 

アイデアの企画、看板の提案力が興和サインの強みです。
看板製作のお電話はこちら。
お任せください!