看板用入稿データの作成について 

今回は、入稿データとは何なのか?どう作るのか?などを
簡単に説明していきます。

「看板作成用入稿データ」をお客様にご用意いただくことができれば、当社でデータ作成するよりも費用を安く抑えることができます。

  • 「看板作成用入稿データ」

看板を印刷や加工する際に、必ず必要になる
Adobeイラストレータで作られた、原寸サイズまたは1/10サイズのデータの事を
弊社では「看板作成用入稿データ」と呼びます。

それ以外のソフトで制作されたものは、基本的に看板制作には使用できません。
(
ExcelWordPowerPointPainterなど)

「看板作成用入稿データ」を実際に制作する際の注意点を簡単にまとめてみます。

データは看板と同じサイズ、または1/10サイズで制作してください。
 実際の看板と違う比率では制作しないでください。

原稿内で使用している文字(フォント)には、すべてアウトラインをかけてください。
 アウトライン化(図形化)されていない場合、文字(フォント)が違うものに置き換わってしまい
 正しく表示されません。
 
アウトライン化されていない時

アウトラインなし

 

 

アウトライン化されている時

アウトライン済み

 

 

すべての文字(フォント)が、上記の「アウトライン化されている時」のように
なっているか確認してください。

原稿内で使用している写真は、大きさや解像度などをご確認の上、
 イラストレータのデータと共にお送りください。

看板制作サイズに「トンボ」をかけてください。
 その際、背景に塗りや写真がある場合は、
 トンボの外側まで塗りの色や写真を伸ばしてください。

トンボの説明

 

 

 

 

 

 

 

イラストレータと写真データなど、すべてのデータの容量が3M以上の場合は

 「宅ふぁいる便」などのデータ便でお送りください。
 また、CDUSBなどでお送りいただいても問題ありません。
 7M以下のデータはメールでお送りください。

原稿見本のJPG画像、PDFデータを一緒にお送りください。

ご説明は以上になります。

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

※この記事は、興和サインのデザイナー・矢島が以前別のブログで書いた内容を転載したものです。

看板のアイデア出し、看板の提案力が興和サインの強みです。
看板製作のお電話はこちら。
お任せください!