看板デザイナーの仕事はサインデザイン

こんにちは。看板キッドこと、高橋芳文です。

今日は、看板デザイナーの仕事について考えてみたいと思います。

興和サインには、デザイン事務所やデザイナーさんからの仕事の相談も数多くあります。

当然なんですが、デザイナーさんにはいろんなタイプの人がいます。

大きく分けるとプロダクトを理解しているデザイナーさんと全く理解していないデザイナーさんに分けることができます。

物作りに精通しているデザイナーさんは、すごいな、と思います。看板で言えば、看板は工作物ですから、工作物を作る上での構造を理解しているということです。

一方、困ってしまうのでは、グラフィックしかできないデザイナーさん。こういうデザイナーさんは、できれば看板のデザインは手がけない方がいいと思います。

イラストレーターやフォトショップが使えるレベルのデザイナーさんが一番厄介。例えば、カッティングシートで文字を作成するにしても、どれくらいの文字までが切れるのか、そういうこともわからないで、小さな文字をまるでマスターベーションのようにデザインしてきたり。看板に使う素材のことも全く知らなかったり。

そういうデザイナーさんに限って、さも当然のように、「看板に詳しくないので、色々と教えて欲しいとか、提案して欲しいとか、打ち合わせに来て欲しいとか」そんなことを言ってきたりします。

僕は、あなたにタダで教えてあげる知識はありません。お金を払って、コンサルを受けてください、とそういう場合は伝えます。そして、人にものを教えてもらうときは、あなたが来なよって本気で思います。

工作物である看板のデザインは、グラフィックしかできないデザイナーが手をつけるべきではないのです。

興和サインは、というか、僕は、2流、3流のデザイナーもどきには、優しくないかもしれません。

それは、プロとして一流の仕事をしたいから。

サインデザインの仕事は甘くないですぞ。

気に入ったらシェアをしてね


看板の提案のことについて思うこと

こんにちは。看板キッドこと、高橋芳文です。

興和サインには、ネットからの注文も日々多いです。

そこで、お客様が設置する看板をイメージしやすいように提案図の作成をすることが少なくありません。

残念なのは、興和サインで作成した提案図で、他社に平気で相見積もりをかける心臓に毛の生えた人がいること。

興和サインにも他社が一生懸命作成したであろう、提案図が流れてくることがあります。

そういう時は、どうするか、、、

 

お見積もり&仕事の依頼をお断りします。

 

こう考えてしまう僕の考えが古臭いのでしょうか。

最近、決心しました。

提案図に小さくですが、こんな文言を入れさせていただきます。

興和サインで提案した提案図を他社への相見積資料等として
転用することは、お控えください。

僕は、「あなたの会社に仕事を頼みたいよ」というお客様とだけ仕事がしたいです。

わがままですけど、横柄な人も嫌いです。

なんでも金出せばやってくれる。とか、業者はなんでも自分の言うことを聞く。とか、こんな風なことを当たり前に思って、商売、仕事をしてる人は、天から罰があたります。きっと。

いや、きっと仕事、うまくいってないだろうな。そういう人。

こういう気配を察知したら、丁重に提案をお断りします。

興和サインは、お客様を選びます。

 

 

 

 

気に入ったらシェアをしてね


広告美術仕上げ2級に2名合格

こんにちは。看板キッド、時々、巨大看板ハンターに変身する高橋芳文です。

今日は、吉報。

会社のメンバー2名が技能資格の広告美術仕上げ2級の試験に合格しました。

おめでとう!

興和サインでは、メンバーに資格をとることを推奨しています。

広告美術仕上げのほかにも、屋外広告士、第二種電気工事士を時に推奨しています。

興和サインでは、男性メンバー全員が屋外広告士の資格を持つことを目指しています。

今は、4名の屋外広告士が在籍しています。

今年、屋外広告士の受験者1名いるので、彼が合格したら、5名になります。

広告技能士は2級が3名。
現場作業に携わるメンバーは、第二電気工事士の資格もマストです。

会社一番の財産はひと。

ひとの力がレベルアップ、底上げされないと、会社は衰退します。

僕は、衰退より、成長を望みます。

なので、成長できることを実践していきます。

日本には、1000年続く会社あります。

せめて、僕も100年以上続く、会社の礎を作りたい。

自分のエゴの実現だけを求めてたら、当然、無理。

なので、僕は、自分を分離から統合へスイッチを切り替えて、自分の欲を自覚します。

天にその願いが通じるように。

今日もよい一日を!

気に入ったらシェアをしてね


1 2 3 4 159