SNSと連動する看板、幅広くアイデアを考案!

こんにちは。看板キングこと、高橋芳文です。

最近、SNSと連動する看板の商品開発を進めています。

  

スマホで撮影して、アップしたくなる看板。

新聞風タグ付けチェックイン看板とか。

  

  

こんな顔出し看板や壁ドン看板のアイデアもあります。
 
 

最近だと、ボクの名刺まで、顔出しができるようになっちゃいました。

  

この名刺を作ってくれた増澤美沙緒さん、自ら、顔出ししてくれたり(笑)

 
 

 看板、使い方よっては、結構遊べるツールなんですよねー。

SNSと連動した面白い看板作りたいなーと思ったら、ボクにメッセージください。

子どもの頃、悪ふざけした感じで、一緒にアイデアを考えましょう!

追伸

顔出しは、いいですけど、ケツは出さないほうがいいと思います。

  

  
そうだ、看板は、興和サインに頼もう!

The following two tabs change content below.
高橋芳文
1968年生まれ。法政大学大学院政策創造研究科修士課程修了。興和サインの社長。手掛けた看板の代表作はアイラブ歌舞伎町の巨大看板。巨大看板ハンターとして『マツコの知らない世界』に出演。著書に『儲かるお店の「すごい!」見せ方』(PHPビジネス新書)など。 看板の研究もおこなう。学会発表は、AIC2015TOKYO(2015年5月19日~22日)Research on the Coexistence of Color between Buildings and Exterior Advertising that Create a Cityscape ~ focusing on the Okamoto district of Kobe 「都市景観における建物の色彩と屋外広告物の色彩の共存の研究~神戸市岡本地区の事例に着目して」など。 趣味は、看板観察、四次元アイの活動、彫刻、流木採集、サウナ、プロレス観戦、詩人としての活動。
高橋芳文

最新記事 by 高橋芳文 (全て見る)

興和サイン

気に入ったらシェアをしてね