進化し続ける

興和サインは、進化し続けている。

ネットの入口まで人を運ぶことができるようになった。

ARでフォトスポットを演出したり、クロマキー合成で特別なフォトスポットを提供したり、写真とフレーム合成を組み合わせたり、VRと撮影動画を組み合わせたり、ハッシュタグをデフォルトで設定できたり、AIによる画像解析システムで属性を分析したり。

これらは、これからできるようになることではなくて、今、すぐにできること。こういうサービスを提供できる看板屋になった。もしかしたら、もう看板屋という枠からはみ出ちゃったのかもしれない。

昔、「虎は竹藪にいるから勝てる」というような教訓を教えてもらったことがあるんだけど、僕は、今、自分の竹藪を出ようとしている。

The following two tabs change content below.
高橋芳文
1968年生まれ。法政大学大学院政策創造研究科修士課程修了。興和サインの社長。手掛けた看板の代表作はアイラブ歌舞伎町の巨大看板。巨大看板ハンターとして『マツコの知らない世界』に出演。著書に『儲かるお店の「すごい!」見せ方』(PHPビジネス新書)など。 看板の研究もおこなう。学会発表は、AIC2015TOKYO(2015年5月19日~22日)Research on the Coexistence of Color between Buildings and Exterior Advertising that Create a Cityscape ~ focusing on the Okamoto district of Kobe 「都市景観における建物の色彩と屋外広告物の色彩の共存の研究~神戸市岡本地区の事例に着目して」など。 趣味は、看板観察、四次元アイの活動、彫刻、流木採集、サウナ、プロレス観戦、詩人としての活動。
高橋芳文

最新記事 by 高橋芳文 (全て見る)

興和サイン

気に入ったらシェアをしてね