• 楽しいデザインで世界観を描き、
    「強み」「らしさ」をカタチにします。
    看板製作に入魂する魔法の看板屋
    • twitter
    • facebook
    • instagram

子どもが覚えやすい看板とは

子どもが覚えやすいサイン

 

 

写真は、私の5才の娘がたまにかかっている小児科医のサインです。

 

医院名と一緒にゾウのイラストが描かれていて、私の娘は「ゾウのお医者さん」と言っています。

 

なぜゾウなのか? 

 

たぶん理由はありません。

 

私が看板を作る立場だったら、「なぜゾウにするのか? 医院のコンセプトと合致するのか?」と考えてしまいそうです。

 

でも、医院とゾウに関連がなくても「ゾウのお医者さん」と子供に認識されているのだから、それで十分です。

 

私の娘は他にも、アンパンマンの絵本が置いてある内科院は「アンパンマンのお医者さん」、ノンタンの絵本が置いてある皮膚科は「ノンタンのお医者さん」と認識しています。

 

子どもにとって記号になる要素があれば覚えやすくなるようです。

幼児・子どもをターゲットにした看板を作る際にヒントになりそうです。