看板屋は縁結びメッセージ屋。

メッセージをカタチにするのが仕事。
お客様の千客万来、縁結び、開運を応援。
看板製作のお電話はこちら
電話番号:03-3389-4165
電話受付:平日9:00~18:00
メールによるご相談・お問い合わせ

相見積について

興和サインの相見積りに対するスタンス

興和サインの代表、髙橋芳文です。
興和サインでは

初回のご相談、ディレクターによる現地相談は無料で対応しています。

現場スタッフを動かしての現場調査、デザイナーによるデザインの作り込みなどは無料では対応しておりません。
これが当社の基本姿勢です。

ですが 相見積りの場合は、現地での打ち合わせもお断りしています。

興和サインのディレクターが現地に足を運ぶのではなく、お客様のほうから見積りに必要な情報をすべてご提供いただくことができれば、相見積りでも対応します。 その見積りを見た上で当社を選んでいただけるなら、改めて打ち合わせにお伺い致します。

また選定基準が明確で、採用の可否に関わらず、企画費・プレゼン費をお支払いしてくださるコンペなら参加致します。

よくあるお問い合わせなのですが

「相見積りだけど、とりあえず現場を見てもらって、何か提案してほしい」といった内容のご相談は、ご辞退しています。

興和サインでは、お客様との相互承認の関係性を大切にしています。
信頼関係を築くことができて、はじめて良い仕事ができると考えています。

ですので上から目線で業者扱いするお客様だなと感じると、大抵はお断りしてしまいます。

また 大幅な値引きを求められた場合も、ご辞退しています。

もしもご自身が整体院をやっていたとして、価格表があるのに「安くしてよ」って言われたらビックリしませんか? でも実際には、整体院を開業する方が相見積りで各社から最安値を引き出そうとしてこういうことを言うのです。

飲食店でも、自分のお店の料理が美味しいかマズいかわからないから、とりあえず食べてみて美味しかったらお金を払いますって言う人がいたら、その人の常識を疑いますよね?
でも飲食店を開業予定の人が、相見積りで看板の作り込んだデザインの無料提案を要求したりするのです。

デザインを作り込むために、どれだけの時間と労力がかかるか想像できないのでしょうか? 正式な発注前にそのような負担を強いられるのって、依頼を受けるほうからすると無茶振りなんですよ。
人を大切にしなかったら、自分も大切にされないと思いませんか?
人をタダ働きさせることを当たり前だと思う人とは価値観が合わないのです。

上記のようなスタンスの依頼主がビジネスで成功するとは思えないし、興和サインはそういう人を応援する気になれません。そういう人と仕事で関わる気にもなれません。

確かに看板屋の中には、無料でデザインを提案するところもあります。
でもそういった方針の会社は全体のごく一部です。
すべての看板屋が、デザインは無料で提案するのが当たり前だと思われては困ります。

こんなことを書いていると、めんどくさい看板屋だと思われるかもしれません。
こんなことを言う会社には仕事を頼みたくないと思われるかもしれません。
でも、それでいいのです。
決まるかわからない仕事には本気で関われません。

無料でデザインを提案する看板屋があるなら、そこに合わせていかなければいけないと考える同業他社さんもいるでしょう。
でも興和サインは、まだそういうレベルに達していない会社です。

わがままな会社なんです。
お客さまを好きになりたい。
大好きなお客さまと仕事がしたい。

だから相見積りではなく、僕たちの会社と本気で付き合ってください。

興和サインは、縁あって出会えたお客様の千客万来と縁結びを全力で支えます。

興和サイン株式会社 代表取締役 髙橋芳文

続きはこちら