• 楽しいデザインで世界観を描き、
    「強み」「らしさ」をカタチにします。
    ユニークで個性的な看板を製作します。
    • youtube
    • twitter
    • facebook
    • instagram

五行エレメンツ、5Eve お客様に聞く-小辻ゆき子さん(55歳)

自分に今、欠けているものを、図案化してもらい、そこからエネルギーを自分に足していくのです

小辻ゆき子さんについて

小辻ゆき子さんは横浜出身の55歳。現在は熊谷にお住まい。ご主人が経営する運送会社に、経理・総務として勤務。最近、息子さんが会社を継ぐことが決まったそうです。
(※ この事例に記述した数字・事実はすべて、事例取材当時に発表されていた事実に基づきます。数字の一部は概数、およその数で記述しています)

司る何かを意識し始めた頃

- 小辻さんが「人生を司る(つかさどる)何か」のようなものに意識的になったのはいつ頃からですか。

父も母も信心深い人で、その影響かもしれません。父は、いつも人のためを思っている人で、85歳の今も「幸せだなあ」と言います。「それが一番いいよね」と私は答えます。

おじちゃんの影響もある気がします。「おじちゃん」というのは、両親が勤めていたレストランの社長で、私をとてもかわいがってくれました。子供の私に「いいか、経営というのはな!」と真顔で経営論を語るのです。おもしろかった。いま夫の会社で経営にも関わっていますが、おじちゃんから聞いたことは、すごく役立っています。

24歳で結婚しました。夫とは、大学時代、ラリー部で知り合いました。私は運転はしないで、助手席でナビゲータ役。彼は、峠を攻めたりもしてたみたいです。

夫は「目の前にあるもの、見えるモノ」だけ信じるタイプです。そこに集中した方が安心できるようです。私は、それは少しもったいないと思います。

これまで人生は決して順風満帆でなかった。若い頃、大きな病気をしたり、鬱になって入院したり、それでも「何かへの感謝」が私を支えます。朝日がまぶしくて気持がいいとき、「ああ、いいなあ」と思うだけで流さず、心の中で意識して「ありがとう」をいう。毎日のすべてのことを、大事に扱っていきたいです。

信頼している友人の紹介

- 五行エレメンツや5Eveはどこで知りましたか?

信頼している友達が、「これはすごい!」と言うので関心を持ちました。易者さんが、私に欠けているエネルギーを見極め、それを興和サインがデザイン化してくださる。それだけ聞いて、これは今の私に必要なものだ、すぐ欲しいと思い、申し込みました。

小辻さんの五行エレメンツ

- 今回作った五行エレメンツ。どこが好きですか。

小辻さんの五行エレメンツ

一番好きなのは中央の「大海」です。際限なく広がり、器に収まらない水、海。私は胸に、大きな湖を持ちたい。自分のための水でなく、渇いた人にあげるための水を。

手前の金、金脈。これから掘り出せる何かを感じます。土の中に種が寝ている。私の中に何かが秘められている、それを感じます。

小辻さんのこの5Eve

- この5Eveはいかがですか。

小辻さんのこの5Eve

これは「太陽、大きな山、雲、鳥、白い龍、マグマ」などの要素を図案化したものだと聞きました。

私は左上の「日輪がかかっている太陽」がいちばん好きです。見ていると、私自身が承認されている気持になります。次に好きなのが「白龍」。私は空の雲を見あげたとき、「龍の形だ。あの子は龍だ」と思うことがあります。そう見えるときは「まちがっていない」という確信が心に満ちます。そして下の「マグマ」も。なんだか私の生命感が脈打っているようです。

鳥の体に、「20」という数字が含まれています。これも意味あることです。

小辻さんのこのマインドマーク

- マインドマークではいかがですか?

小辻さんのこのマインドマーク

これは「愛」と書いてあるらしいです(笑)。正直、「愛」という字には見えないけど、それでも、私の中でこれから開花するか、あるいはすでに開花しているかもしれない、人を包み込むような何か、それがこの字から感じられます。この形は、人が振り向いているようにも見えますね。

仕事場の四方に配置

仕事場の四方に配置

- いま五行エレメンツや5Eveをどう使っていますか。

まず5Eve、そしてマインドマークは、自宅の仕事場においています。私の正面、常に私に何かが降り注ぐ位置、顔を上げたとき目が合う位置です。五行エレメンツ 2枚は、右と左に置いています。2枚の五行エレメンツがエネルギーを出し合い、交換し合う、その線上に私がいます。

この子たちが来てから、今まで止まっていたものが、思いもしない方向に動き始めました。私が受け取ったものはとても大きい。今までは、それほど何かが、枯渇していたんだと思います。

自分の欲しいものは分かる。でも自分に今、何が欠けているか、自分で分からない。それを見極めてもらい、図案にしてもらい、そこからエネルギーを自分に足していく。

家には、ガネーシャの像もあります。でも、これとは違う。ガネーシャはたくさんある、みんなのためのもの。でも、この子たちは、わたしを見ている。私を占い、私にエネルギーを足すために作られたもの。愛着がわきます。

息子が会社を継ぐことになりました。息子にも五行エレメンツ、5Eveをつくりたい。彼もこういうの、好きなんです。これからきっと、すべてがよくなります。

五行エレメンツ、5Eveお客様に聞く-小辻ゆき子 さん(55)

※取材日時 2020年11月
※取材制作:カスタマワイズ
 
続きはこちら
 

看板の悩みをここで解決

貴社の強みを引き出す看板を製作致します。
ユニークな看板も製作できますので、ご相談下さい。
個別相談やお見積等はこちらのフォームから
電話受付:平日9:00~18:00
看板ラインナップ一覧のダウンロードはこちら
お任せください!
興和サイン株式会社