高橋芳文の「AIAM+VS理論 6つのポイント」

興和サインには社名看板を作りたい等の一般的なオーダーもあります。
一方で、看板を商売繁盛のために作りたいとったオーダーもあり、そのような場合は看板をコミュニケーションメディアとして活用する提案をしています。

6つのポイントとは、

  1. 見つけて貰うチカラ。
  2. 興味を持って貰うチカラ。
  3. 入りたくなるチカラ。
  4. 記憶に残るチカラ。

AIDMA理論で言うところの、

  • アテンション
  • インタレスト
  • アクション
  • メモリー

この4つの要素を、AIAMと名付けました。

さらに、今はソーシャルメディアの時代なので、

V…拡散してもらうチカラ。
S…共有してもらうチカラ。

このVSをAIAMに加えて、繁盛看板のロジックを「AIAM+VS」に発展させました。

  1. 見つけて貰うチカラ (アテンション Attention)
  2. 興味を持って貰うチカラ (インタレスト Interest)
  3. 入りたくなるチカラ (アクション Action)
  4. 記憶に残るチカラ (メモリー Memory)
  5. 拡散してもらうチカラ (バイラル Viral)
  6. 共有してもらうチカラ (シェア Share)

興和サインではこのような考えをもとに、看板を作っています。

続き

アイデアの企画、看板の提案力が興和サインの強みです。
看板製作のお電話はこちら。
お任せください!