• 看板屋は縁結びメッセージ屋。

    エンタメ表現からの企画・デザインで、
    「強み」「らしさ」をブランディング。
    • twitter
    • facebook
    • instagram
看板製作のお電話はこちら
電話番号:03-3389-4165
電話受付:平日9:00~18:00
メールによるご相談・お問い合わせ

拡散する看板

Twitter Facebookなど、ソーシャルメディアの時代。

テレビ、新聞、マス広告が昔ほど効かなくなったと言われています。
人々の消費行動もメデイアが良いと紹介したものより、友人が良いと紹介したものを好む傾向が高まってきました。

この消費行動の変化は、ソーシャルメデイアの発達によるものです。

お店の看板もソーシャルメディアを意識して作ると、お店の話題づくり、ひいてはお店の認知促進に効果を発揮するでしょう。

多くのソーシャルメディアユーザーにとって、日常の写真、街の風景の写真などは格好の投稿ネタです。

あなたも何か面白いものがあった時、友人とシェアしたくなった経験はありませんか?

実は、まだ気付いていない人が多いのですが、ソーシャルメディアとアナログな看板は相性が良いのです。

これからの時代、ソーシャルメディアを意識し、看板を制したものが、お店のファンを増やすことができる!

と言っても過言ではありません。

ほんとですよ。

実例を1つご紹介しましょう!

先日(2015年4月1日)、エイプリルフールに「人がクスッとするジョークの張り紙プロジェクト」を僕が発案し、NPO法人ストリートデザイン研究機構で企画、野方の商店街で実施しました。
※張り紙も屋外広告物、看板です。

  • エイプリルフールに「人がクスッとするジョークの張り紙プロジェクト」

これ、結構、リアルでもSNSでも話題になったんです。
東京新聞夕刊の1面掲載、ヤフーニュース掲載、中野経済新聞掲載、J-COM放映などなど。

  • ヤフーニュース1
  • ヤフーニュース2
  • ロケットニュース
  • 中野経済新聞
  • 東京新聞に掲載
  • 野方総合報道 記事
  • サイン&ディスプレイ

    サイン&ディスプレイ

  • リアルパートナー5月号

    リアルパートナー5月号

  • 商店街ニュース

    野方の商店街にて

  • 商店街ニュース

みんな面白がってくれました。

このプロジェクトを実施してくれた野方のカリスマ代表理事の榎本さんは、

「ジョークがふれあいのきっかけとなり、街の雰囲気が温かくなった」

とコメントをくれました。

  • 人がクスッとするジョークの張り紙プロジェクト
2015年4月1日実施
  • 人がクスッとするジョークの張り紙プロジェクト
2016年4月1日実施

いかがですか?

リアルな面白いコトがソーシャルメデイアで話題になる時代。

お店の看板は、アナログ発想で面白いことを考えてみる。

そして、それがスマホで撮影され、投稿されシェアされ、情報が拡散して口コミが広がっていく。

こういう循環のプロセスを作っていくのがソーシャルメディア時代の新たな看板の役割であり、活用法です。

自分のお店に来てくれる人を楽しませたい
人が面白がってスマホで撮りたくなるものって何だろう?
自分のお店の看板を何かランドマークのようにできないかな?

活用法 例1:SNSと相性のいい顔出し看板

SNSと相性のいい顔出し看板

活用法 例2:女性なら誰でもが憧れる壁ドン

女性なら誰でもが憧れる壁ドン

などなど。

遊び心と面白いコトに視点をフォーカスして、ソーシャルメディアと連携した看板、一緒に考えてみませんか?
顔出し看板、フォトフレーム看板、撮影スポット看板、などなど、
看板の活用による地域まちおこし、商店街活性化のアイデアもあります。

商業界(2015年3月号)では、「ソーシャルメディアと看板」をテーマにした記事を4ページ執筆させていただきました。
公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会の『不動産総合情報誌 リアルパートナー』で「地域まちづくり活性化事例の紹介」を連載中。
  • 不動産総合情報誌 リアルパートナー
  • 文の里商店街のポスター展
    伊丹西台のポスター展
    八戸の噂プロジェクト
    銚子顔出し看板の会
    など、看板を活用した地域活性まちづくりの事例を取材執筆しています。 不動産総合情報誌 リアルパートナー
続きはこちら